« 4-400A | メイン | 環天頂アーク »

2011年12月18日(日)

大きさ比べ


 どこかで見たような風景…手持ちのうちの主なものを並べてみました。

前列左側から順に。
<前で横になっているもの>
7360…ミニチュア管の代表として登場
<前列>
GS35B…5ヶ年計画といいながら全然進んでません
4CX250B
3CX400A7(8874)…左の250Bとほとんど同じ大きさです
6146B
S2001…この二つは言うまでもないくらいですね
5894…国内では2B94の方が通りが良さそうですが、このSilvania製はゴールドピンが光ってます
GI46B…近ごろは一時ほども見かけなくなりましたね
<真ん中>
3CX800A7
<後列>
3-500Z
4-400A
TB4/1250…あまり馴染みのないものですが、脇役として登場。写真はプレートキャップ付きです


 この角度でしたら、3-500Zと3CX800A7・4-400Aとの大きさの違いがお分かりいただけるのではないでしょうか。

投稿者 ji3kdh : 2011年12月18日(日) 21:00 カテゴリ : リニアアンプ タグ :

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.2333.net/~ji3kdh/weblog/mttb_m26.cgi/1301/tb/

トラックバックスパム防止のため、トラックバックURLの末尾に、上記画像の数字列を続けて入力の上でご利用下さい。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

コメント

GI46BをTL-922に使う記事は、良く目にします。フィンの部分が異なる2種類ありますね。ロシア球や、欧州生まれのタマはEimacと比較すると丈夫な作りになっているような気がします。

投稿者 JF3DRI : 2011年12月22日(木) 21:21

 この形状のタイプは特に見かけなくなったように感じます。いやホント、同じプレート損失でも全然大きさが違うのでビックリするぐらいですよね。考え方の違いなんでしょうか、それとも他に何かあるのかな?

投稿者 JI3KDH : 2011年12月24日(土) 07:20

コメントはこちら↓からどうぞ




保存しますか?


認証キー を入力して下さい→

コメントの投稿ボタンを押してから反応があるまで、通常30〜60秒かかります。
省エネサーバで運用しておりますので、気長にお待ちいただければ幸いです(^^)