« 春の現実逃避 後編 | メイン | 2015 CQ WW DX CW Log Check Report »

2016年4月11日(月)

JIDX-CW


 今年も参加しましたが…例によっていつものバンド選択では、ほぼ耐久試験状態でした。


 まずは先週の宿題。オールバンド通じてコンファームしてないFR/Jでしたが、これまた例によって『1.8用のダイポールに内蔵チューナで無理矢理乗せた状態』で無事ゲット。あとは明け方に1.8でできれば御の字ですが、さてどうでしょうか。
(結果は左の図の通り、でした)


 コンテスト開始後は、予想していたよりもさらに低調でした。日没頃はKH6なんかが聞こえてきても良さそうなものなんですが、全く。そんな中09z半ば頃、一度弱く…K3E…と聞こえたのでVK3かな?と返してみたんですがその後聞こえず。空耳ではないのにと思いながらやっていますと、それから数分後に突然K3ESTから強力な信号! ビックリするくらいの強さで、ちょっと面白いパスだったんでしょうね。残念ながらその時間帯の西海岸はその1QSOだけで、正規パス(?)は12z直前になってからのようでした。

 13z台はちらほらWから呼んでもらえ、それに混じってなぜかJAからも複数呼んでいただきつつ、例年通りダラダラと耐久試験を続けます。その間はずっと画面を凝視。ダイアルを回さなくていいのは助かるのですが、これはこれで結構疲れるものです(贅沢すぎる)。14z台になるとガックリ局数は減り、虚しく電気代を消費する状態。

 やがて15z、16zと来てそろそろ寝るかなと思ったその頃、気になってたあたりにうっすら線が見え隠れし出すではありませんか。その前から、それより1kHz下では同じく時々線が見えてはいたのですが、ご本尊が見えだしたのは初めて。両方を交互に聞いていると、JE1LFX清水さんが呼んでいらっしゃる…おぉ、コールバックのとこだけこっちでもはっきり聞こえた! いやー、無事ゲットしはったやん!! こっちも呼んだろ…なかなか聞こえないんですが、QSBの山を狙って一発コール…あかん、聞こえへん。。。と諦め半分、また次の山を狙うの半分で聞いてたら、上がってきたところでこっちのコールを打ってくれてることに気づき、慌てて5NN TUと返す!! かすかにTUが聞こえたような気がしたが、その時は全然自信のないQSOでした(全然599ちゃうやんHi)。


 ネットのない環境でやってるものですから、せっかくのリアルタイム・ログも見れません。まぁ結果は神のみぞ知る…で、帰宅して見てみたら無事ログインされてたようで、嬉しい1upでした(メールいただいてた皆さん、ありがとうございました!)。しっかし向こうは全くノイズとは無縁なんでしょうか、よく聞こえてたようですね〜 その点にもビックリ。


 現場では、その後は脱力状態。できててもできてなくても「やりきった感」が充満してまして、もうコンテストなんかどうでもええわって感じ。元々全然でしたし、3時間ほど仮眠して再開した夜明け前後も、zone14どころか15すら全く聞こえないままに終わってしまいましたので。

 この時点での途中経過が左の図です。もうこのまま片付けようかなとも思いましたが、せっかく日程確保してるし、もしFT4JAが(1.8に)出てきたり、それでなくても突然オープンしたりしたら悔いが残るなと思って結局コンテスト終了(22i)まで粘りましたが…僅か3QSO上乗せしただけでした(^^;; ただ、できてなかったzone4から呼んでもらえたのがせめてもの救いでしょうか。えぇ、そんなとこすらできてませんでしたので。

 しかし、VK0EKやFT4JAがなかったら目も当てられないところでした。自分的には、来年からはちょっと考え直さないといけません。それと、あんまり関係ないですが先週に引き続き今回も別のPCでロギング。それは良かったんですがマウスを忘れてしまいまして、結構不便でした。確か前にもあったはずで、同じ失敗をしているようではいけませんなぁ。

投稿者 ji3kdh : 2016年4月11日(月) 21:15 カテゴリ : 160m コンテスト タグ :

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.2333.net/~ji3kdh/weblog/mttb_m26.cgi/1868/tb/

トラックバックスパム防止のため、トラックバックURLの末尾に、上記画像の数字列を続けて入力の上でご利用下さい。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

コメント

お疲れ様でした。

あの後帰宅して、段ボールの整理をしたりしていましたが、ベランダに釣竿ANTを上げようと思い立ち、即席で設置。RIGにつないでワッチしたら20mでFT4JAが結構強く聞こえる!!その後一旦落ちるも1500z頃から強くなり呼ぶこと3時間 UP9.5でGETできました。
ベアフットと釣竿でも粘ればなんとかなるものです。

そのせいで、超寝不足で、出社したことは言うまでもありません(-_-)

投稿者 JR4CZM : 2016年4月11日(月) 23:06

 え、ちょっと待って!! 15zから3時間粘ったって事は18z? up9.5ってことは電話?? いやーーー…お疲れさまです!!!!! ホント執念ですね。素晴らしいとしか言いようがありません(^^;; 僕なんか一つできただけで満足してますよ。。。

投稿者 JI3KDH : 2016年4月11日(月) 23:37

ホント、Congの一言ですわ
うちでも聞こえて出来た(たぶんJAで一桁め)ので、絶対できると思っていました。
ちなみに、FT4JAのために3日連続4時起きしました。
80cはこのおかげで掬い上げてもらえましたが、160は全くお呼びでなかったです。QSBのピークではこのバンドでいうところの559でした。

投稿者 Jf3lop : 2016年4月11日(月) 23:42

 いやいや、ホントありがとうございます。カツを入れていただかなかったらこの結果はなかったかも知れません。

 160m的にはFT4JAは消化不良気味だったかも知れませんね。559ってことはコールバックは確実に捉えられたでしょうから、残念度数もupでしょうけれど…まぁきっとまた機会もありましょう!!

投稿者 JI3KDH : 2016年4月11日(月) 23:56

いやぁ素晴らしいですねぇ。オメデトウございます。
JIDXなんて本当にどうでもよくなったと言うと失礼かもしれませんがナイスファイトでした。
私は残念ながら両方とも外しました。運に恵まれないとこういうことがあります。
私は『Next chance』と云えない所が残念ですが、他の所で取り返しましょう。Hi Hi
次はWWですか。私は今年の参加は?マークです。頑張ってください。FB DX

投稿者 JA3GN : 2016年4月12日(火) 11:03

 本当にありがとうございます。山崎さんの日々の受信状況レポートも、大いに参考にさせていただいてます。

 それにしても、JIDXはどうしてしまったんでしょうねぇ。僕だけかも知れませんが、未だに受領確認のメールが届きません。ちゃんと動かしてないんやないかなぁ…いや、それと今回の『コンテストはもうどうでも良い』とはちょっと意味が違いますね。ホント、VK0からのコールバックがあったあとはそんな感じでした。皆さんの、そしてもちろんペディションチームのお陰です。

 何をおっしゃいます、まだまだ、まだまだ次があるではありませんか! 僕が山崎さんくらいにまでなったとき、果たしてそういうバイタリティがあるかと問われると、かなり怪しいものがあります。先日も久しぶりとは言え、160mのNewをゲットなさってましたよね。VK0やFR/Jに限らず、いくらでも目標を設定なさる姿勢はいつまでも見習わせていただかねばと思っております。

 元よりアマチュア無線なんて自己満足の世界ですもんね。他人との比較なんてほとんど意味はないと僕は思ってます。当然そんなふうに思うかどうかも個人それぞれなんですが、その意味で『細く長く自分なりに楽しんでいければ』とそういうのも、日頃から山崎さんの活動を拝見させていただいてて自分なりにたどり着いたものなんです。

投稿者 JI3KDH : 2016年4月12日(火) 21:19

VK0EKをGetされた瞬間、聞いてましたよ。と言ってもこちらではコールバックは全く聞こえませんでしたけど。

Twitterで六甲山やら南牟婁郡の某局は良く聞こえるということで、なんとか聞こえないかと、その時間帯をずっと聞いてましたが結局、NGでした。

向こう側は呼んでくれる局がいる方向を4SQで探りながらCQを出していたとのことでした。

投稿者 JF3DRI : 2016年4月13日(水) 00:26

 あれま、お恥ずかしいところを聞かれてしまってたんですね(^^; ものすごい間延びした応答で、しかも慌てててとっちらかってたのがバレバレだったと思います…

 そうだったんですか、まさか出来る(チャンスが来る)とは思ってなかったので、詳しいことは全く存じませんでした。しかしすごいペディションでしたねぇ。いつかどこかで一度くらいは、この手のチームに混ぜてもらえたら面白いかな、と血迷ったことを思ったりしたこともあったんですが…大いなる分不相応、大人しく呼ぶ側でいる方が良さそうですね。。。

投稿者 JI3KDH : 2016年4月13日(水) 21:35

コメントはこちら↓からどうぞ




保存しますか?


認証キー を入力して下さい→

コメントの投稿ボタンを押してから反応があるまで、通常30〜60秒かかります。
省エネサーバで運用しておりますので、気長にお待ちいただければ幸いです(^^)