球切れの修理


 ちょっと前のことなんですが、メインダイアル上部アナログスケール部分の球が切れていたのを修理しました。

 写真は修理完了後。ここがないと予想以上に不便なんです。


 交換中。

 メインの基板をごっそり外してしまわないとご対面できないので、ちょっと面倒です。


 電球色・拡散型というLEDにしてみました。この部分の電圧は(確か)DC11Vで、今回特にDIMMERへの対処はしてません(手抜き)。


 交換後。

 メータ側の球はまだ切れてなかったのでそのままにしましたが、ここはアクセスしやすいものの交換となるとやっぱり基板を外さなくてはならないので、一緒にやっといた方が良かったかなとちょっとだけ後悔。


 交換部品一式。実は基板を戻したあと、どうもAGC回りがおかしいようでうまく復調しません。外した時に壊してしまった?記憶はないんですが、トランジスタの足が一本折れかけてましたので、適当な手持ちに交換して修復しました。

コメントする

この記事について

このページは、ji3kdhが2011年6月19日 19:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「開けてみました、が」です。

次の記事は「電気のあるうちに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。