« んなもん、どうすんの | メイン | TL-922 7の11 »

2018年7月14日(土)

TL-922 7の10

 文してあったダイオードが早々に届いてましたので、休日午前中の涼しいうちにとこちらの続編に取りかかります。すでに相当暑いですが(^^;


 少々厳しい道のりを経て、無事摘出。

 テスタチェックの限りでは大丈夫そうですが、あとで「やっぱりあの時やっとけば良かった」となるのが嫌なので


 予定通り交換することにします。今度のは今までより少し足が太いので、1.05mmのキリで穴を広げました。

 ちなみに外した時点でパラに入ってる抵抗もチェックしてみましたが、470kΩに対し505〜535kΩとそこそこのばらつきが見られます。ケミコンのそれと違い大勢に影響ないのでこのままいきますが、さてどうでしょうか。


 交換後。穴間は変更できないので少し窮屈になってしまいますが、仕方ありません。見てくれの問題だけなので、新品&容量アップによる安心感とのバーターってことでお許しいただきましょう(^^;


 各部の離隔距離に十分注意し、何とか元の位置へ。


 再チェックに再チェックを重ねたのち、タマなしで通電確認。CW/SSBどちらの位置でも問題なく立ち上がっていることを確認できたところで、暑さに耐えきれずいったん作業終了。

 次回はいよいよ手持ちの予備球での動作試験となりますが、さすがに夜中の作業とせざるを得なさそうな暑さですね。もちろんエアコン不可欠な上で(^^;

投稿者 ji3kdh : 2018年7月14日(土) 12:00 カテゴリ : リニアアンプ タグ :

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.2333.net/~ji3kdh/weblog/mttb_m26.cgi/2153/tb/

トラックバックスパム防止のため、トラックバックURLの末尾に、上記画像の数字列を続けて入力の上でご利用下さい。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

コメント

コメントはこちら↓からどうぞ




保存しますか?


認証キー を入力して下さい→

コメントの投稿ボタンを押してから反応があるまで、通常30〜60秒かかります。
省エネサーバで運用しておりますので、気長にお待ちいただければ幸いです(^^)